漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

うさぎドロップ~6巻~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→うさぎドロップ



二次元管理人うさぎドロップ6巻、8/8発売しました。高校編に突入し、一区切りがついたかなという印象を持ちました。

三次元管理人解せぬ……。

二次元管理人どうしましたか?(笑)

三次元管理人ダイキチとコウキママの下りが、ですよ!いやまぁね、あぁいうアダルティな展開というか空気だからこそ映えるというか締まるというのはあるけども。いやしかしここから起死回生の展開が……ぶつぶつ。

二次元管理人自分の世界に浸っている遠藤さんは置いておき。さて、今巻ではコウキとリン、そしてコウキの元カノ紅璃先輩の関係図に決着がつき、ダイキチとコウキママの5巻からその後の展開にもいちおうの決着がついたと思われます。

三次元管理人コウキママ……。

二次元管理人言わば恋愛パートとしてのうさぎドロップという印象でした。子育て奮闘記としての今作はもう陰を潜め、完全に現代ドラマとしての作品として新たな一歩を迎えたという気兼ねを強く感じました。いかがでしたか?

三次元管理人この辺りの感じ方は人によりけりだろうねぇ。恋愛としての押し問答の描写それ自体はなかなかに巧みな良さがあるよ。コウキとリンの悩める描写もめしうまレベルにまではきている。無論ダイキチの変わらずの素朴さというかぶっきらぼうだけど良い大人感もうさぎドロップ足りえている。

二次元管理人その中で、という話ですか?

三次元管理人いや別に反語ってわけでもないんだけどね。ただ、本来今作が持っていた特徴的空気感はやはりリンが幼少~小学校低学年であったからこそにじみ出ていた良さが強いからね。高校編でガラッと変わったものの5巻から6巻を通して読み返してみるとあながち世界観が崩れていないのは流石だと思ったよ。

二次元管理人とすると問題はその年代で展開される話と今作の空気を如何にズレなく表現していけるかとかそういう類の話になるんでしょうかね。

三次元管理人それが強いとは思うよ。リンもコウキももう自分で決断して動いていく年齢になったわけじゃない?となるといちおう主点はリンに移りかけてると思うけど、ダイキチの存在が薄れるようならそこでアウトだと思ってる。結局はダイキチありきでのうさぎドロップの空気感だと思ってるし。そこは捨てないで欲しいな。

二次元管理人この辺りの作品の流れは難しい所でしょうね。

三次元管理人でも現時点ではまだまだ作風の根底は揺らいでないなと思った箇所もいくつもあるよ。例えばP127~の下り。ダイキチはリンにアドバイスするものの小難しい恋愛の駆け引きの話になるとお手上げ状態になる。ダイキチが読者にもたらす安心感は些細ながら作品の本質としては大きいんだよね。

二次元管理人ともなるとやはりダイキチとコウキママの下りは切ないですよね。リンもコウキもまだダイキチやコウキママの心情を理解するまでには大人になりきれていなくて、そこがもどかしいです。

三次元管理人まぁ今巻のMVPはこの下りでしょう。儚いけど美しい描写で。この流れがなかったら今作としてはこの高校編の流れは締まってないよなぁと思う。P198~の流れ、5巻目同様この2人のシーンが自分の中ではベストシーンになりました。

二次元管理人コウキママが心のふきだしでダイキチのことを強く想っているのがわかるだけに、切なさ倍増です(泣)

三次元管理人皆まで言うな……うっ……。でもね!これで終わりだとは思ってないですよ!

二次元管理人お?と言いますと?

三次元管理人正式にお付き合いを申し込まれている男性がいる言うてたでしょう?コウキママが。ともすればようするにあれですよ。ほら、結婚式に颯爽と現れて花嫁を連れ去る主人公の心理というか。

二次元管理人あぁ~……、でもダイキチってそんなキャラじゃないですよね?(笑)

三次元管理人……。まぁねぇ、今は2人ともやはり引いている身だとしてもきっといつかはどうしようもなくお互いを意識して結びつかずにはいられない時期がくるよ。願わくばそれを築くための後押しをリンやコウキが出来るような展開になっていって欲しいと思うけどどうなるかは作者のみぞ知る。

二次元管理人コウキママの発言が後にくる山場への伏線、そう考えているんですね。なんて健気な……、そんな上手い話は……。

三次元管理人あるあ……ねーよですね、わかります。まぁ今後の巻数がどうなっていくかだね。新キャラ加入各メインキャラの心情を揺さぶり結局元の鞘になんてのは王道だけど、そういう風に恋愛面を引っ張ると作品の方向が低迷するような気もしてる。受験期の話を初心に立って展開、ダイキチの奮闘話を見たいね。

二次元管理人上手く話が落ち着いた所で、他に気になった点などはありましたか?

三次元管理人気になった点ってわけじゃないけど中学編の話が回想で出たでしょ。作者なりに補完しなきゃっていうような心意気が垣間見れてゴチだったね。この時期って多感だからダイキチとリンの奮闘記な視点でもっと見たかったってのが本音ではあるけど。でも長期連載は難しいね色々。

二次元管理人ではそろそろまとめをお願いします。

三次元管理人ダイキチとコウキママをこのまま終わらせて欲しくないに集約致します、はい。今のこの展開はコウキママがダイキチに甘えるという超至福展開へ至るまでの暗中模索の日々ということで確信もとい妄信していきたいと思います。それをこの眼で見るまでは死ねるわけもなく。

二次元管理人はいはい(笑)さて、皆さんは今巻をどのように受け止めたでしょうか?リンとダイキチのセカンドシーズンということで、このシーズンでもうさぎドロップらしい素敵な世界観を発揮していって欲しいものですねっ。




* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/08/21
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。