漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 日常系・コメディ漫画好きへ □

flat

                母性愛だったり父性愛?wだったりに目覚める的な何か

■日常系漫画のツボを抑えてる嗅覚の良さ■

「flat」
作:青桐 ナツ
連載:コミックブレイドavarus (マッグガーデン)
定価:¥ 600


ストーリー:★★★★☆

画力:★★★★☆ 

キャラクター:★★★☆☆ 

構成力:★★★★★ 

遠藤のツボ:★★★★☆ 

                              総合:★★★★☆

※詳しい評価基準はこちらの採点項目をお読み下さい


~あらまし~
お菓子作りが好きでいて怠惰なゆるゆるマイペース高校生の平介と、従兄弟の無口で忍耐っ子の秋(あっくん)との心温まる交流を描きます。全く性分の違う2人を中心として穏やかに過ぎていく日常。緩やかに成長する2人の物語、人との接し方を顧みさせてさせてくれる日常系漫画の新星登場です。

~レビュー~
話題の旬を過ぎた頃にレビューする、それが遠藤レビュークオリティ!というわけで今回ご紹介させていただくのは、巷の書店では至る所でプッシュされている日常系漫画flatになります。読みはフラット、です。
大まかには高校生と幼児の2人の交流を描いているわけですが、そこに挟まれる心理描写や脇役というかメインキャラ達の特徴作りなどが特出しており、まだレビュー時点では2巻でして、現状だと4という具合かも知れませんが、より広義に作品の魅力を伝えているという意味では5のポテンシャルはあると思っています。
末永く見守って行きたい作品ですし、巻を重ねれば自然と評価も今以上になっていることでしょう。

上記のイメージだけでは連想しにくい方もいるので補足的な紹介をさせていただくならば、以前レビューさせていただいた作品にも類似性を感じる作品がいくつかあります。
恐らく一番の支持層がかぶっているという面では「君と僕。」にみるような緩さと心情の揺れ動きの妙、同様にこどもの愛らしさや母性愛的な側面で言えば「うさぎドロップ」や「よつばと!」や「マイガール」などでしょうか。
実はどれも個人的な位置付けとしては高く評価をしている作品ばかりなのですが、やはり日常系漫画の醍醐味はこういった心情表現豊かな人情を刺激する作品が出てくる所にあるなぁなんて勝手ながら思ったり致しました。
どれも心が洗われる様なのばかりで、ちょっとまぶしいけどね!(笑)




さて、そんな加減で中身に入っていきたい所ですが、今作は作者の初コミックス作品という話らしく、それで今作を描くということは末恐ろしいという話。
たちまち癒し系漫画の最前線に颯爽と登場、そんな気兼ねを感じるわけですが、まぁどこから紹介したらいいものか。

大体の作品というものは尻上がりに魅力を深めていくものですが、今作は第一話目からその個性を確立しています。
この点は唸らされます。
個人的にプッシュしている「君と僕。」でさえ最初の数巻での下りはなかなか魅力がノッてくるまで期間があったと思います。それを考えると魅せ方はかなりの腕を持っているように思います。

従兄弟の秋のお守りを言われ、何で俺がぁぁぁぁ~という具合で対面を果たす平介と秋。無表情で何でも留守番をこなす秋は、どちらかというと平介こそがお守りをされているんじゃないかと思うほど。
その秋のしっかりさを見てお守り放棄で外出してしまう面を主人公の未完な部分として表現出来ているのも巧いです。
秋は秋で内に想いを溜めてしまう性格で伝えたいことを伝えられず、その未完の部分もまた然りですね(秋に限ってはこどもらしさという面では未熟さという表現が適切なのかも知れませんが)。
話を展開していく過程で成長を感じさせるための下地をきっちり冒頭から描いている点は作品それ自体のほのぼのさとは裏腹にしっかり考えられており、丁寧な作りです。
そして、外出先で出会ういわゆる悪友もメインキャラになっていくのですが、平介を叱りつけて家へ帰す辺り友達想い爆発。
刺々しい口調でも思いやってるのが目に見えてわかるというのは、いわゆる読者としてはメシウマ状態。

BL好きにとってもメシウ(ry

キャラの魅せ方が鮮やかというか、少ないコマで特徴や魅力を出すことが出来るのがあっさりした展開の中で出来るのも今作の魅力なのかなと思います。
本当に初作品かと小一時間。

さて1話目ではお菓子を秋にあげる平介のシーンにて今作の指針を垣間見ることが出来ます。
無表情で無口だった秋が目を輝かせる瞬間です。
お菓子に釣られたという表現も出来なくもないですが(笑)、ぶっきらぼうな平介を徐々に慕っていく図が絵で見せられたとき、読者は何かに目覚めるのではないでしょうか。

なんだこの可愛さは!?

ここで少し作品自体を知っていなければ伝わりにくいような話を少ししてしまいますがご了承下さい。秋には嫌味が全くないというか、実は以前の「マイガール」のレビューでも触れた点にはなるのですが、コハルの姿を見るとどうしても造りものの幼さの魅力とも言うべきものを感じ取ってしまって、手放しに作品に入っていけなかったというのがありました。
純真無垢っぽさが人工的というか。美談過ぎるというか。
逆に言うとそういうものが全く感じられなかったのは「うさぎドロップ」で登場する幼少期のリンだったりします。

ということを踏まえての話になりますが、今作の秋は後者。
でありながらも幼少期のリンにはなかったような読者の心を萌え悶えさせるようなアグレッシブさを備えている。

こればかりは実際にお読み下さいとしか言えませんが、破壊力は未知数ですね。

ショタホイホイ

あぁん?にやけて読んでいる自分、だらしねぇな!と兄貴に一喝してもらいたいぐらいには読んでいて頬がにやけることは間違いないのではないかと、思うんですよねぇー……(なぜか遠い目

平介と秋が互いに交流していく中でお互いの成長が見られる点も◎。
普通、日常系漫画だと良い意味での話ではありますが、閉塞感というか停滞感みたいなものってありますよね?
なんというか「みなみけ」的キャラ描写というか。
今作では歩み寄った結果として2人の成長が読んでいて感じられるというのが、読者としては母性愛&父性愛を生ませる原動にもなっていて、温かい気持ちにさせてくれるという観点ではこれ以上ないポテンシャルを有しているように思います。


で、ここまで語ってきて何か足りないと思われた方もいることでしょう。

ご安心下さい。

恋愛脳である管理人がはまるのですから、忘れてはならないのが恋愛描写です。


正直ですね、今作の空気が空気なもので期待はしちゃいけないだろうなとは思っていたんです。
ですが蓋を開けてみたら何なんですか、この萌え悶えは。。。

平介の元にラブレターが届くってな具合で話が膨らんでいくのですが、そのお相手がぱねぇ。

いわゆるクール系美女ですよね。

ドストライクですよね。

何か溢れ出てきますよね

彼女が報われるのかどうかは実際にお読みいただくとして、こういった恋愛話を描かせても一級品というわけで、まだ2巻という事実だけがヤキモキする点ではあるのですがオススメせざるを得ません。

こんな感じで恋愛描写ありつつの平介と秋の交流は揺ぎ無く展開され、合間には平介の悪友と先輩も青春描写よろしく巧みに作品を盛り上げます。

願わくばもっと恋愛描写いこうぜ!というのが管理人の本音ではあるのですが、そう思っている人は少なくないんじゃないか?なんてことも思っています。
別要素を強めることで作品のバランスが崩れることも多々あるので一概には言えないのですが、今作に限っては締めるべき所は押さえているのが見えますし、もう少し大胆に恋愛要素を交えたら読者層も広がるのではないかなーなんて思いました。

ただここで注意しておきたいのですが、こういうことを言うと恋愛要素至上を掲げる層に対してお決まりの批判が出てくるんですよねw

な側面もあるのですが恋愛描写が強く作品に介入してこないからといってマイナス評価になる類の作品ではないことは間違いないです。だからこそ今作に限っては恋愛面もっと介入したら良くなるんじゃないかなぁと。何でもかんでも恋愛恋愛はナンセンスなのは承知しております。


ってな具合でどうしても平介と秋の関係性にばかり目がいってしまうのですが、2巻に入ると平介の友達のキャラを深める話なども入ってきて、青春描写的ポテンシャルは飛躍的に向上します。


そろそろまとめに入らなければならない所ですが、平介と秋のハートフルな部分と平介と友達の青春な部分と平介と恋愛の部分など本来は1つの要素が巧みなだけで良質な作品を築くことが出来るものが高水準で交わっている、それが今作なのではないかなと思います。
強いて言えばもっと作品の魅力を味わいたいのにまだ既刊2巻ってどうゆうことなの……って話です(笑)

いや、マジでね。

次巻はぼちぼち秋口には発売ということで9月か遅れても10月には発売することでしょう。個人的には恋愛面くるのかとかwそんなことも抱きつつ読ませていただこうかななんて思っております。

※このレビューは2巻まで既読時のレビューになります


* 「日常系・コメディ漫画好きへ」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/08/24
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。