漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

潔く柔く~11巻~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→潔く柔く



二次元管理人潔く柔く11巻、10/23発売しました。ひとまず前巻のレビューはこちらを確認お願い致します。

三次元管理人いやぁー、ちょっと早とちりし過ぎていた感があった、反省!(笑)恐らくカンナの再生の物語がオールキャスト集結でじわじわ描かれて終わるのだろうね。もう数巻は続くのやも。ちょっとボルテージで温度差があったようです。

二次元管理人人物のリンクが次々とめまぐるしくあった巻でした。梶間とカンナの邂逅も禄を基点に為されて、キヨや一恵(笹塚)も登場となれば文字通りオールキャストの前夜祭という感じを印象で受けました。

三次元管理人そこに次巻で朝美が絡むと考えると凄いね。今巻で印象的だったのはオムニバスで散らばっていたものが合致してきて本来の1つの作品としての恋愛漫画の妙を垣間見た点かなと思ってる。前を読んでいるからこそ映えるシーンが多かったね。おさらいなしで読むとちょっと混乱する(した)けど(笑)

二次元管理人そればかりはオムニバスたる所以かも知れませんね。

三次元管理人っていうのを機会にまた1巻からぱらぱらと流し読みしたんだけど、カンナと禄の今の話に自然と集約するなぁと思った。この辺りの集約の仕方は長期連載では流石としか。心の到達点としてカンナが不安定という所で1つくぐり抜けた禄との問答シーンは今巻でもとりわけ情景が良かった。

二次元管理人カンナを支える百加の存在の大きさがここまでになるとは当初は思いもしませんでした。

三次元管理人ってな所でそろそろ今巻にも触れていきたい所だけど、気になった点からどんどん触れていこうか。まずカンナの鼻。

二次元管理人鼻、ですか?

三次元管理人厳密には前巻で触れておく点ではあったんだけどさ。何か描き分けの類であぁしているのだろうけど、ちょっと、なんていうか。もさくない?(笑)

二次元管理人もさい、ですか。でもそれって良くは言ってませんよね?カンナ好きの私としては聞き捨てなりません。

三次元管理人悪く言うつもりはないんだけど、例えば百加の鼻はすっきりしている。ってあれ?この話って以前触れたっけ?まぁいいや。カンナの鼻には抵抗感をいだしてしまう自分がいるんだよね、大人版のカンナ、ね。

二次元管理人少女から大人への転身が外人鼻っぽい描写でグッと伝わりますし、カンナの生き様が出ているようで私は好きですけどね。

三次元管理人そういう見方もあるか。はい、次。次はキヨの再登場について。これ、すんなり把握した人どれくらいいるんだろうなという。自分なんかはカンナが読者へのフォローとして髪が短いことに対する言及をしていたけどそれでもピンとこなかった。3巻のACT5をみて、思い起こす体たらくでした。

二次元管理人一恵と良い関係が続いているようでオムニバスらしからぬ繋がりに再三の内容にはなりますが、うれしかったです。

三次元管理人そういえば高1で付き合い始めてかれこれ8年(レビュー時点でのお話です)のカップルがリアル友人にいるんだけど、いる人いない人当事者とかでも見方が変わってくるんだろうねぇ。はい、次。禄のカミングアウトについて。

二次元管理人自分語り乙な展開になるでしょうが、いちおうここは聞かせていただきたいと思います。遠藤さん的にも感慨深いシーンだったんですよね。

三次元管理人よくぞ聞いてくれました(何この茶番)。実はガチ話なんだけど自分も禄と遭ったケースは違えど一緒で左手の薬指が麻痺してるので、何か感慨深かった。

二次元管理人実際どうなんでしょうか。

三次元管理人まぁ程度にもよるだろうからね。触っても足が痺れた時に触った感触のモノって感じ?禄のような悲壮なバックボーンはもちろんないですが、何かシンクロしてしまうという話でした。ちなみに私生活での支障はほとんどなし。小指が大丈夫な分。はい、次。P105~のシーンはグッときた。

二次元管理人百加がカンナを暖かく見守っているシーンとカンナの独白は透き通る情景が素敵でした。

三次元管理人で、罪悪感の話への言及があったわけで。こうやって考えると例えばこれまでの主要人物っていうのはパートナーを見つけて歩み始めているわけだけども、禄も似た境遇ながら受け入れつつカンナより先を歩んでいる。そんなことを振り返るとカンナの独白がボディブローのように効いてくるね。ほろり。

二次元管理人カンナの問題に関しては恋での解決を飛び越えて人生観にも強く立ち入っているだけに魅せ方としてはこれ以上ないものが次巻以降で待っていると思うと、wktkです。

三次元管理人はい、次。梶間について。P168での禄の発言は揶揄だとは思うけれど、エロ教師でピンとくる1巻目の記憶。婚約者がいるという1巻の発言が現在の瑞希にかかっていてそれが現在進行形なのだとしたら女子高生を応援していた身としては残念な話ではあるけど、瑞希がそんなに魅力的に見えないんだよねぇ。

二次元管理人まぁここにきて女子高生の森さん?でしたっけ。それが絡んできて禁断の恋愛もとい定石の恋愛というのは考えにくいことではあります。

三次元管理人まぁ率直に言ってしまうとね。てな具合でとうとう朝美が本格参入。朝美自身はもうカンナを許してるし、何となくエピソードの終着が見えてきたね。いやぁー楽しみだ。

二次元管理人前巻時では目算を誤りましたが、次巻発売は流石に来年度になるかと思います。2010年の3月4月辺りでしょうか。詳しくは公式であったり単行本の発売日を網羅している大洋社さんであったりをご確認下さい。それではまた次回の新刊レビューでお会い致しましょう。



* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/10/30
Trackback:0
Comment:1

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/29 【】  #

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。