漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

CLAYMORE~17巻~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→CLAYMORE



二次元管理人CLAYMORE17巻、11/04発売しました。終焉への扉が開かれる、まさにそんな巻だったように思いました。

三次元管理人何よりも前巻だっけ?イースレイが倒れたその意義は大きかったね。ひとまずどこから触れていこうか。まず、精神世界でのラファエラとクレアの対峙までの箇所。インフレを如何に矛盾なく描くかは本当に難しい問題だなというのを感じた。もう少しクレアの高速剣がどれくらい凄いのかわかる描写であって欲しかったかも。

二次元管理人確かに、深淵喰いの登場で各キャラの凄みというのが薄れてしまっている側面はあるかも知れません。特に深淵の者らであのやられようですからね。高速剣についてはイレーネとのエピソードもあったので変に掘り起こして凄みをみせるのをくどいとしたのかも知れません。

三次元管理人次にリフルとダフのピンチまでの箇所。にくい演出、わかってるぅ!そこに痺れる憧れるぅ!という話だった。

二次元管理人(笑)

三次元管理人二人の関係ややり取りに萌え悶えを感じた読者は少なくないはず。そしてラファエラともルシエラとも呼べぬ破壊者の誕生で物語りはさらに混沌を極める。

二次元管理人とはいえ、ファンタジーの世界だったのがやや科学的な現実味のある話が根底に見え隠れしてきた中でこの安定感であるのならば作品の世界観が崩れるのようなことはないのかなと思いましたがどうでしょうか。

三次元管理人その点はまだ様子見というのが本音かな。まだ内であーだこーだ話が展開している時期だろうから、これがこの世界の真実というものに深く切り込んだ時に、その外堀とこれまでの物語をどう上手くシンクロさせていけるか、むしろ馴染ませられるのかという期待と不安は大きい。

二次元管理人他、気になったシーンとかはありましたか。

三次元管理人にくい演出繋がりでいくと破壊者から飛ばされた破壊者の断片?からラキを守るプリシアのシーン。あの動じないラキの潜在能力の高さに想いを馳せて脳内がやばいことになってる。少し妄想を垂れ流すと、今後クレアとラキが邂逅して恋愛要素きたら勝つるね。

二次元管理人今作で恋愛とかまじで恋愛脳乙ですね。ただクレアが、クレアと出会って人間の深い心を身につけたテレサ同様にラキに想いをのせていくことになったら・・・それはそれでありかも知れませんね。

三次元管理人てなことで発行ペースの割には進展は少ないので語ることも他になし、この辺りでサックリ終わらせよう。

二次元管理人まぁ元々これくらいの文量を想定した新刊レビューが普段の平常レビューよろしく長ったらしい流れになっているだけなんですけどね。それでは次巻の新刊レビューでまたお会い致しましょう。



* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/12/30
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。