漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

新刊レビューを始めるにあたって

三次元管理人三次元管理人です、おはようございますこんにちわこんばんわ!今回は新刊レビューを始めるにあたってということで何故会話形式での記事にしたのかを中心に話したいと思います。いちおう1人では寂しいので二次元管理人を用意致しました。

二次元管理人(随分おざなりに紹介しますね……汗)どうも進行を手助けさせていただく二次元管理人です。今回遠藤さんが会話記事の体系をぱく…リスペクトした新刊レビューをするということで助手を務めさせていただきます。でも、なんで会話形式なんですか??

三次元管理人当ブログは極力というか作品内の画像は使用しないをモットーにしているわけですが、新刊レビューの用途を考えた時に壁にぶつかったってのがあるね。新刊って元々ファンが延長上で買うものでしょ?

二次元管理人まぁ…、基本的にはそうなりますね。まぁ私も遠藤さんの脳内が生み出した産物なので考えていることは手に取るようにわかりますけど(笑)

三次元管理人そういうことは言わないように。それで、新刊レビューっていうのは新刊既読者が作品内容を深める為に、自分にはない視点などを発見する為にあるべきものって側面が強いんじゃないのかなって。

二次元管理人遠藤さんは相変わらず文章が遠回りなので私が以下にまとめていいですか?

三次元管理人えぇ!?……あ、うん。……ですよね。


当ブログでは表紙画像以外の作品内画像は使用しないスタンスをとっています。それは新刊レビューでも変わらずになるのですが、新刊レビューでも平常レビューと同様の長文一辺倒では数多ある新刊レビューに追いついていかないであろうこと。全ては想いが溢れて短い内容でレビューを区切ることの出来ない管理人の性格に起因していますが……。そして読者も作品内画像からの言い回しなどがなければ読んでいてもつまらないであろうこと。以上を踏まえて興味を持ってもらいやすく、かつ目新しさがあって短文でまとめられやすい、そんな形式を模索した結果、新刊レビューは会話形式になった、と。



二次元管理人こんな感じで良かったですか?

三次元管理人いや、そこまではっきり言わなくても。ちょっと配慮が足りないよ。助手でしょ助手!そこんとこしっかり頼むよ。

二次元管理人何か、言いましたか?

三次元管理人いや、何でもありませんはい。まぁ掻い摘むとそういうことですね。それで、会話形式以外にも、もうひとつ平常レビューと違う点があります。新刊レビューでは基本、ネタバレを気にしないでいこう、と。

二次元管理人私からも補足させていただくと、当ブログで扱う新刊レビューは基本的に平常レビューを既にした作品の新刊レビューだけになります。よってネタバレ完全NGの人は平常レビューを読んで購入しようという道筋なわけですね!以降、新刊レビューでは一緒に作品理解を深めていこう、と。

三次元管理人なお、レビューするか否かの判断は気まぐれですので悪しからず。あくまで平常時のレビューを補完する意味合いが強いです。とはいえ、一度新刊レビューをし始めた作品は新刊の都度レビューしていこうとは思っています。

二次元管理人新刊レビュー周りはこんな所だと思います。さて、それ以外で触れたいことがあるということでしたが。

三次元管理人うん、話は逸れるんだけどどこもかしこも漫画レビューっていうと作品内画像を乱発しているけど、それってどうなの?って。

二次元管理人私達も表紙画像を拝借させていただいていますし、言える立場でもないんじゃないですか??

三次元管理人まぁね。でも批判的なことだけを言おうとしているわけではないんだ。ただこの問題って色々不確定事項でしょう?著作権で言う所のグレーゾーンとかはもちろんあるけれど、読者にとって少ない割合だとしても作品内画像を見てしまって萎えるってことは絶対にある。

二次元管理人そういう人はそのスタンスの漫画レビューに目を通さなければいいだけって私の考えはストレートでしょうか?でも、レビュアーとしては作品内画像を使用するというのを安易にするんじゃないよ!って気持ちは私にもありますけど。

三次元管理人(あれ?この子誰の味方……)まぁそれこそ読者にとってもレビュアーにとっても個々人によって基準や感じ方も千差万別だから強制的な発言は出来ないけどさ。ぶっちゃけ作品内画像ってそれがあるから購入意欲が俄然高まるってあまりないじゃない。表紙画像だけあれば作風もわかるしさっ。

二次元管理人そんなぶっちゃけちゃって批判がきても私は対応しませんからねっ!?まぁでも端的に言うならば、作品内画像を文章のネタにしやすいから安易に使用しているレビュアーは滅びてしまえってことですね♪

三次元管理人あの……全然フィルターかかってねえええええええ!!何、その逆に追い込んでやろうって魂胆。

二次元管理人愛ですよ、いわゆる所の。

三次元管理人全部、きめぇ=管理人になるのでそういうのは自重して下さいっ。で、この画像の使用の有無の問題も週刊誌のレビューなのか単行本のレビューなのかによっても変わってくるし、本当難しい問題。

二次元管理人そうですね。基本はグレーゾーンですけど、やはり読者的視点も考えると皆が皆、うちみたいな無駄に長いgdgdな文章のレビューだったら正直、げんなりしますもんね。

三次元管理人さりげキツイこと言わない……。まぁでも考察に必要なパーツとしての画像や文章回しの為だけではない画像の使用はありなのかなとも思う。文章のネタの為に画像を多様している所は読者としては面白く見れるけど、レビュアー視点では考え物なのでは?と提起したいね。

二次元管理人まとめますと、そういう想いもあっての会話形式新刊レビューということですねっ。遠藤さんだけではgdgdになってしまいがちなので、新刊レビューは私も頑張らせていただきます。画像問題は興味を持った人は各所で色々議論されていますので、是非合わせて考えに耽ってみてはいかがでしょうか!



* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/18
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。