漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

とめはねっ!鈴里高校書道部~5巻~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→とめはねっ!鈴里高校書道部



二次元管理人とめはねっ!鈴里高校書道部の5巻、先月末の6/30発売しました。今巻も鈴里高校書道部の面々の軽快なやりとりと書道の魅力に満ち溢れた内容でしたね。

三次元管理人加茂ちゃんの見開き目は今巻は3回くらいだったかな、いやぁ加茂ちゃんの恋に絡んだ青春話もあったし、世は満足じゃ。加茂ちゃんの照れ顔はめしうま三杯おかわり状態!

二次元管理人ごめんなさい、ちょっとそのノリには合わせていけませんからね?

三次元管理人それにしても、ついこないだ来年のNHKでのドラマ化が発表されての5巻目だったけど、その勢いは留まることを知らないというか本当に面白くなっていってるし、書道の世界の広がりも魅力的に描かれてる。

二次元管理人今巻のメインは文化祭での演目と2年生トリオの過去話だったと思いますけど、遠藤さん的にはどうでしたか?あ、加茂ちゃん話は自重して下さいよっ?

三次元管理人やはり要である書道と恋愛の描写に磨きがかかっていたのはうれしいね。そして日常パートの掛け合いも連載当初に比べると磨きがかかっている。作品のバランスって難しいと思うんだけど、それが見事で特にここがというより全ページ良かった。

二次元管理人確かに、妙にといっては失礼かも知れませんが、読まれる層という意味では大人からこどもまで楽しめる要素を散りばめていながら最近の萌え悶え的な描写も抜かりがないですよね。

三次元管理人冒頭ではサザンの曲のCDを借りることになっていた縁と望月のやり取りがあったけど、望月が縁を以前より意識し始めているのがまず悶え的にはグッド。母親にCDを借りに来るのが男の子か女の子か聞かれていちおう男の子って言うシーンの照れ顔は顔の筋肉が思わず弛緩した。

二次元管理人望月さんの家で飼っている犬のピースもほんっと可愛いですよね。縁君がピースにワホワホされているのはもう堪らないですよね!?縁君がおろおろしているのもまた可愛い!あ~もうっ!

三次元管理人(あまり人のこと言えなくないか…)でも望月家訪問でも以降でも、いわゆる崩し絵がうまいなぁと感じた。ちょっと簡易的に書いた表情ってやつだけどそれを入れるカットも◎。最初で言えばP8上部の望月のムッとした顔とかP13左上のえっ?とした表情やその下のコマの不満な顔、P14おなかがなって驚き恥ずかしの表情だったり。

二次元管理人そう考えると平常時での表情では喜怒哀楽が使い分けられていない印象を持ちますが、その分崩し絵で表情の豊かさを補っているのかなと思いますね。やはりそういう面では崩し絵を巧みに使用している作品は総じてセンスが良いっていうのも再認識させられるようです。

三次元管理人書道的な話だと、漢字かな交じりの書というか近代詩文書の解説も縁のそば屋のメニュー書きと巧く絡めていたね。本来小難しい話になりがちな所を初心者にも判り易く、かつ退屈な解説の羅列にならないのは毎度のことながらお見事。

二次元管理人書道パートに負けず劣らずの恋愛パートですが、文化祭の演目で望月さんが選んだ「花火」の下りも良かったですよね。本来恋愛に疎い望月さんを見ていて煮え切らない読者も多いと思うのですが、純粋さが人一倍あるからこそ縁君との関係を気長に見守りたい気持ちになります。

三次元管理人そう、そこなんだよね。むしろ縁を次第に意識していく過程はあれくらいじらしつつ進行していくくらいのほうが萌え悶え的には良いと思う。1巻から見ていると望月の心の変化というのは微々たる変化ではあるけれどその移る様は本当に丁寧で素晴らしい描写だと思う。この辺りは唸らされる。

二次元管理人2年生トリオのお話はどうでしたか?

三次元管理人あれは2年生トリオ好きへのご褒美のような話だと思うよ。キャラの魅力を深める手助けにもなっているし、加茂ちゃんだけでなく日野部長や三輪ちゃんの個性もうまーく描写してたと思う。日野部長は乙女特有のキラキラ目の下りだったり、三輪ちゃんも根の優しい所や頼れる所とか。

二次元管理人巻の最後では書の甲子園で全国優勝を果たしたライバル校や新たな新キャラも登場し、次巻への期待も高まります。

三次元管理人そろそろまとめに入りたいと思うけど、個人的に感じた描写MVPを発表しないとね。加茂ちゃん要素は抜かした点で心の琴線を刺激したのは、P167での馴染みの書道文具店に入った時の望月の挨拶でした。

二次元管理人えーっ!?なんでそんな地味なシーンなんですか!?

三次元管理人こんにちはーではなく、こんちはーって所にそそられるものを感じるでしょ?こういうマニアックなはつらつ少女っぷり描写は唸らされるね。

二次元管理人ごめんなさい、全くその感性がわかりません(笑)

三次元管理人ついでP170の望月による一人突っ込みも巧かった。まぁまとめると加茂可愛いよ加茂に集約する巻数でした。

二次元管理人次巻は来年の新春発売ということでNHKでのテレビドラマ化の流れを受けての発売になりそうですね。そば屋で短期アルバイトをすることになった望月と宮田麻衣と縁の三角関係も目が離せません。




* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/20
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。