漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

スマッシュ!~14巻~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→スマッシュ!



二次元管理人スマッシュ14巻、7/17発売しました。平常レビューをしたばかりという状況下ですが、今巻は恋愛描写が中心の巻という印象を持ちました。

三次元管理人表紙画像を見るだけでも夏のバカンスっぽさが全面に出ていたね。やっぱりスポーツ描写をこそ期待している層にとっては納得がいかない巻だったのかもという感じ。恋愛描写に期待している層にとってはまさにめしうま状態でしょう。

二次元管理人少し前から亜南と美羽の関係を揺らがす位置として1年の海斗君が登場しましたが、ほんっと彼の一途な想いにはにやけちゃいますね!亜南の堅物さに涙する美羽も愛くるしいとはこのことです。

三次元管理人なるほど君付けする程には1年キャラがお気に入り、と。やっぱり男だったら亜南に肩入れするけどなぁ。あぁいう男キャラでいてツンデレ的な萌えキャラなんて滅多にいないというか至宝。海斗なんか逆に……。

二次元管理人いつも萌え~とか悶えがどうたらって言っている遠藤さんにはそういうダメだし言われたくありませんけど。

三次元管理人す、すみません。それにしても合宿のあのプールの下り?蛯沢先輩のおっぱい推しは少年誌らしいよね、毎度のことながら。そして、P88で翔太の妹が登場してたけど、前からいたっけ?突然出てきて驚いてしまったんだけどさ。

二次元管理人私も記憶にないですね……ってこんなことを言ってしまっては失礼ですね(汗)
さて、舞台は夏のインターハイに入っていきました。気になるのがその魅せ方になってくると思います。


三次元管理人うん。美都先輩をして凄い奴と言わしめる今大会で翔太のライバルになるキャラも出てきて、また盛り上がっていきそうで次巻への期待感は高まる。そんな中で個人的にうれしい描写があった。

二次元管理人どんな点ですか?

三次元管理人東城第二の団体戦二日目、第一ダブルスを任せられた野原・久我山組の描写だね。相手校は前作の主人公である鳥羽と相方の上野率いる強豪校・富山帝東高校。翔太達のライバルとなる準主役級の相手と野原部長らが対峙することになる。

二次元管理人なるほど、あれでしょうか?強さの描写感に対する公平さに見られる描写の妙とかですか?

三次元管理人そうだね。普通なら鳥羽・上野組が勝ってもおかしくないし、多くの読者は成長の描写を見せたいがために野原ら先輩らを勝たせたことに納得がいかないかも知れない。でも、その道筋がリアルでいて納得するんだよね。

二次元管理人と言うと?

三次元管理人曲がりなりにも野原・久我山は全国で一、ニを争う強豪校の3年生なわけでしょう?他校の強者、それも鳥羽・上野組ぐらいの大物でも勝てる見込みってのは率直な所、6割ってのがリアルな所だと思うんだよね。

二次元管理人それはいちおう経験者視点ってやつですね(笑)

三次元管理人はい、そこ笑わない。スコアの結果としては13-21/21-19/21-18で辛くも野原らが勝ったわけだけど、この数値設定にこそ本編では語られない凄みがある。物語ではそういう面を細かく描写として取られるわけにはいかないから我慢のバドという観点に留められているけど、もっとこの試合はスポットがあてられてもいいね。

二次元管理人何とも長くなりそうですが、これは聞かざるを得ませんね。出来るだけ手短に!どうぞ御教示下さい。

三次元管理人持ち上げると思いきや以外にシビアだね……。2ゲームと3ゲーム目も接戦で、むしろ1ゲーム先取されてる野原・久我山組としては取って取られての繰り返しで2・3ゲーム目を奪取したんだろうね。実力的には相手側の方が若干強い所でこういう戦いこそ描写されていって欲しいよ。火事場の馬鹿力的開花はバドの醍醐味だよ。

二次元管理人本編では省かれてしまうような面にこそスポーツ描写の妙が隠されていて、そういった側面をもっと表現していければ良いのにってことですか?

三次元管理人端的に言えばそうなるかな。決して手抜き描写じゃないんだけれど、裏付け(学年の違いや強豪校の所以などを野原組の勝利という形で表現出来ている)がしっかりしてるのにバドをあまり知らない読者にはなんであんなにあっさり野原・久我山組が勝っちゃうんだろ?萎えるなっていう風にしか見えないと思うのが残念。

二次元管理人私としてはサブキャラの先輩達にそんな濃い描写の妙としてコマの枠を取られたくないっていう思惑があるようにも思えますね。やはりそういうのは主人公ら華やかなキャラ達が行ってこそじゃないですか。

三次元管理人確かに、週刊誌の中ではそれが答えなのかも知れないね。ただ……うん。スコアだけで省略される中にもドラマを馳せて欲しいって所かな。願わくばその本来描かれることがないけれど濃厚な描写というものを本編でも、スポーツ漫画の妙としてもっと表現していって欲しい。

二次元管理人そうやって捉えていくと、やはり恋愛面に偏ってしまっている面は否めないのかも知れないとも思います。

三次元管理人まぁ恋愛面が巧みだからこそ萌え悶えられているわけで、個人的には割合はこれくらいでいいとも思うけどね。次巻では本格的にインターハイでの白熱した試合展開がなされていくと思うので、スポーツ描写への期待は次巻以降ということで待ちましょう。




* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/20
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。