漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

ひとひら~7巻(完)~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→ひとひら



二次元管理人ひとひらの7巻、7月10発売しました。今月発売の「明日泥棒」同様にこちらの意図しない形でいいのでしょうか、晴れて完結の運びと相成りました。

三次元管理人だねぇ。平常レビューであれほど恋愛描写への期待を促していて、結果としてはあの6巻の展開がピークへの布石だったとは。

二次元管理人見る目がないってことで(ry

三次元管理人(ryじゃないよったく。まぁでもカバーをめくって、ひとひら最終巻楽しんで頂けましたらうれしいですの作者コメントを見た時はちょっと哀愁だったね。

二次元管理人さて、平常レビューで足りないとしていた主に人物間の描写の妙などですが、その辺りは最終巻にあたっていかがでしたか?

三次元管理人うん。ぶっちゃけ前巻から間が空いたこともあって誰が誰だかほぼわかんなかった(笑)

二次元管理人しっかりして下さい。

三次元管理人学年がわからないというか一部のキャラでだけどさ、人物のキャラ分けの弱さは最後まで感じたかな。人物が増えても各キャラの個性が消えたわけじゃないんだけど書き分けが甘いなって。

二次元管理人ではそろそろ今巻にも触れていきましょう。甲斐の気持ちを知ったちとせが麦との関係で悩むという中での今巻の入りでしたがいかがでしたか?

三次元管理人ようするには恋愛面ってなわけだけど、率直に良かった!ちとせの揺れる心情は十分にめしうまの領域に入っていたのではないかな。シーンの魅せ方はほんと連載当初よりも良くなったのを感じた。

二次元管理人ちとせが麦に絶交だよ!っていうシーンはくるものがありますね。

三次元管理人結局公演を間近に控えた所で2人は仲直りするわけだけど、最終巻だから広げようが無いというのは理解できながらも、もっと作品を長くみていきたいという気持ちもあの下りでは湧いたかな。綺麗にまとまりすぎてたね。

二次元管理人遠藤さん、1評価をした割には随分感慨深く見てますね?

三次元管理人作品の終結の流れが想像以上に爽やかで良かったってのがあるからかな。もちろん総じると1評価ではあったけど、最終巻に至っては2でもいいって思う。基準を知らない人は目次のはじめにを参照いただければ幸い。

二次元管理人公演以降ラストまでの流れはどうでしたか?

三次元管理人大学に進学した先輩が公演を観に来てということでオールスター勢揃いのうちに公演は成功のうちに幕を閉じる。この後のラストまでの流れはしみじみながら良かったと思う。

二次元管理人新入生の下りがあり、とうとう甲斐の麦に対する告白が行われました。甲斐君……可愛い!

三次元管理人あのシーンでにやけない人は人間にあらず!ってのは言いすぎだけど、ベタの良さってのを感じたね。ちょっと拙いけどベタに溺れてなんぼっていう前衛さは読み手として忘れずにありたい。

二次元管理人そうですね、一歩引いちゃうと楽しめないっていうか。自分で自分を盛り上げて読むのも必要なのかも知れません。

三次元管理人ラストは4月、麦らが3年生になり部活勧誘の時期の描写で作品は爽やかに締まる。

二次元管理人おどおどした1年生を見て当時の自分を思い起こす麦のシーンは本当に感慨深いシーンですよね。演劇から一歩前に踏み出す勇気をテーマとして感じさせてくれる素敵な作品でした。

三次元管理人内気な人ってこの世の中多いもんね。かくいう自分もそんな一人ではあるけれど、背中を後押ししてくれるような作品のパワーは及第点かな。って偉そうだな……すみません。

二次元管理人麦が3年になって同じ展開が続くというのは流石にとも思いますので、終わるべくしてしっかり完結した作品だったのかも知れませんね。

三次元管理人及第点なんて言った以上は下方気味の見方もさせていただくと、絵柄が萌えっぽくて感情のぶつかり合いからの成長を見せるには根本で合ってなかったと思う。ストーリーの組み立て方に関しては巧くなっているのを感じたけど、絵柄は連載期間の慣れの変化だけで作品全体のバランスは惜しかったの一言。

二次元管理人さて、完結をした今作ですが7月22発売の同連載誌においてひとひらアンコールという外伝が連載しました。

三次元管理人まぁめんどうなのでわざわざ連載誌を買ってまで読もうとも思いませんな。

二次元管理人もうちょっと配慮して下さい。

三次元管理人ごめんごめん。でも当初は短編漫画という気兼ねだったのがあれよあれよと連載5年でしょう?本当にお疲れ様でしたの一言に集約します。アンコールの外伝も折に触れてチェックしてみたいと思います。文化部系の漫画は本当に素敵なのが多くて最近の流れは個人的にうれしいなぁ。




* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/28
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。