漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

ニコイチ~6巻~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→ニコイチ



二次元管理人ニコイチ6巻、7/25発売しました。完結への道筋がはっきりと見えてきた中での充実と安定した巻だった、そう感じました。

三次元管理人個人的には女装漫画好きというか百合漫画好きの補正が多分に入ってはいるけど、申し分ない出来だったね。次のページをめくるのが楽しい、巻が終わると先を渇望させる、まさしく抜かりのない新刊でした。っていうか言うことないや!

二次元管理人えぇ!?それは困ります。

三次元管理人崩し絵も極まれりって感じだし画力も安定して書き慣れてきているのを感じるし、巻毎に配置する話の山も引きを見事に魅せる構成、コメディの軽快さも抜群。間延びしているって声もあるけれど、んなこたぁないよね。

二次元管理人そうですね、入れなくてもいいような話で伸ばしているわけでもありませんし、今巻で言えば崇の純真無垢な笑顔が良い意味で作品の方向性への縛りを演出しているようにも感じました。

三次元管理人どうしても連載当初の菜摘にばれるのかどうか!?っていうスピーディーな展開を越えてしまってからは今作では感じにくいドキドキ感というものが一層減ってしまって停滞感を感じる人もいそうではあるけどね。ラブコメ的な展開で見ればばれてからの充実ぶりはむしろ評価を推し上げるべきものだと思うな。

二次元管理人今巻でいうと前巻からの引きからでしたが、崇の洗脳のされやすさは異常(笑)って思いました。

三次元管理人あの展開のすり抜け具合はニコイチ的だなぁって感じるよね。読者が安心して楽しめる作り込みは流石。アメリカでは同姓同士で結婚できる~の崇の下りをみていると、案外簡単にカミングアウトして成功するんじゃないかとさえ思えてくる。

二次元管理人P16で挟まれるような崩し絵も可愛いですよね。あぁいうのをカットとしてパッと自然に挟めるのもセンスを感じてしまいます。

三次元管理人というか表情がコロコロ変わる意味では崩し絵の種類も使い所も本当に巧い。キャラの立たせ方を熟知している。

二次元管理人P43ではいつまでも男性時の真琴のことを須田さんと頑なに呼ぶ菜摘の下りもあの表情で展開されるとクスリッとせざるを得ませんでした。

三次元管理人第64話の入りも素晴らしいね。菜摘の弟である智と菜摘の会話の下りには萌え悶えを推し量る為の特徴を垣間見ることが出来ると思ってるよ。

二次元管理人智君、ほんとぉ~に可愛いですもんね!もうメロメロです。男性読者にも女性読者にも受け入れやすいとかそういう話ですか!?

三次元管理人(あえて突っ込まないほうがいいんだろうな)ちょっと違う。4Pで起承転結を興したページになるんだけど、話を短い中でまとめ上げる技能に優れているというのがまずあるね。こんなにも巧みに描写出来るものなのかとラブコメというよりコメディに対する描写力の妙を垣間見た。

二次元管理人確かに、萌えっとするのってツボを突くキャラがコメディってる時っていうのは多いですね。その流れが巧く運んでいればいるだけツボるパラメーターも大きいと思います。

三次元管理人そして一番大事なのがキャラの相乗効果作用を巧みに扱っている件。

二次元管理人えぇっと長くなりそうな場合はまるっと短めに抑えて下さいね(笑)

三次元管理人ご心配なく。今作で言うと確かにヒロインの菜摘は可愛いし天然で面白いキャラだけど、どうしても女装時の真琴の魅力の強さに喰われちゃってる節があるでしょう?

二次元管理人うーん、まぁそうですね、男性読者が見ても女性読者が見てもグッとくる指標は菜摘よりも女装時の真琴の方があるようにも思います。

三次元管理人そこに菜摘の弟が途中から参入したわけだけど、彼の菜摘が好きだという感情と菜摘の天然さが結果としてこれ以上ない相乗効果を生んでるんだよ。智の心情は十分萌え悶え的にめしうまなわけだけどそれと同時に未だ真琴と菜摘を揺れ動かすキーとして智は存在している。

二次元管理人登場するべくして登場したキャラクターというわけですね。

三次元管理人まぁそうなるね。それで、智にめしうま描写を感じながらも菜摘の天然からくるキャラの特性も智の存在によって強化されてるというのがある。菜摘が女装版真琴のお膳立て役から対等な存在になったのは智の功績が大きいながらも二人して魅力を高め合っているということでした。だからこそあの4Pは…

二次元管理人せっかくのサクサク新刊レビューがこれではいつもの長文レビューと変わらなくなってしまうのでそろそろ先にいきましょう!話の展開は真琴の同窓会参加の話に移っていきます。

三次元管理人゜д゜)……。真琴の同窓会に至るまでの過去話も良かったね。短いエピソードながら仲間との相関図をあそこまで描けるとは。元カノとのエピソードも青春描写や良し。詠んでいて気分的に「君と僕。」に見る良さすらも感じてしまった。

二次元管理人あ~それ、わかります(笑)
現代の同窓会に参加することになった真琴でしたがその元カノと危ない関係になりかけました。この辺りはどうでしたか?


三次元管理人これも本当にニコイチらしいというか作品の特性を把握して魅力を打ち出せるって素晴らしいよね。菜摘の不満が結局お菓子に集約してるなんてこのライトな加減がまたたまらない。

二次元管理人かと言えばその後に亡くなった恋人のお墓参りに真琴と菜摘、そして崇の3人で訪れるエピソードが挟まれます。

三次元管理人作品のバランスの重要性を感じる構成だね。褒め殺しな気もするけれど、この辺り考えられてるなぁーというのがひしひしと感じたよ。それで巻の引きが崇のカミングアウトを残して菜摘妊娠か!?だからね。いやぁ凄い作品だなぁ。

二次元管理人結果がどうなろうともそろそろ作品完結へと崇のカミングアウトも目前という気兼ねを感じます。発売がまたおよそ10ヶ月後というのが待ち遠しいですよね。

三次元管理人個人的な話をしてしまえば、女装好きとしてはこんな高クオリティの作品が今まさに連載されていることへ凄い幸せを感じるよ。願わくば長く続いて欲しいけれどそんなことにはならないんだろうなぁ(今でも十分長期期間だけれども)。哀愁はなしってことでワクワクしながら次巻も待ちたいと思いますっ。




* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/07/30
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。