漫画レビュー~遠藤ってば!~

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 新刊レビュー □

もやしもん~8巻~

※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載するならば、平常レビューと打って変わり、新刊レビューはネタバレありきになりますのでご注意下さい→まとめ記事

※今作を未読の方はまずは平常時のレビューに留めていただければ幸いです→もやしもん



二次元管理人もやしもん8巻、先月の7/23発売しました。相変わらず作品内のうんちく時の文字数が凄いことになっていましたね(笑)

三次元管理人冒頭の第87話で今巻がビールについての話だということがわかるけれど、いやはや流石の解説だった。

二次元管理人基礎知識を丁寧にわかりやすく解説していたように思いますが、もしかしたら何も知らずに「とりあえずビール!!」なんて人も多いことを想像すると、ちょっと文字数に圧倒されかけましたがあって然るべきトークでしたね。

三次元管理人へいへい、とりあえずビール派ですんませんねぇー。知識もなくて。

二次元管理人えぇっと……、意図せずすみません(笑)

三次元管理人今巻をビール編とするならば、その解説や物語としての構成というか導き方はお見事だったね。以前のワインの話の巻数を思い出してみて欲しい。これ、完全に主観が入って申し訳ないんだけど結構読んでいて退屈というか投げっぱなしジャーマンみたいな感じがしたんだよね。

二次元管理人感覚で話されても困りますけどね(笑)さて、今巻では完全に主役はムトウさんでした。この辺りはどう感じましたか?

三次元管理人いやムトウさんがどうこうよりも、直保(笑)でも主人公の扱いも、もやしもんだからこそ受け入れられる感じなのかもね。どちらかというと主要人物は皆主人公であって名脇役でもあるのかも知れない。この型にはまらない感じのセンスはいいよね。

二次元管理人新キャラとしてかのうファームの醸造責任者加納はなさんが登場ということで、地ビールを基軸した物語展開でしたね。どことなく私とはなさんって似てるんじゃなんて思いました。

三次元管理人眼鏡っ子的雰囲気だけでしょ(笑)でもこの新キャラは珍しくって言っちゃうと失礼かもしれないけど、髪の色とか眼鏡装着ってことで女性陣の書き分けに難がある今作としては個性が際立ってたかなって感じた。若い世代が頑張るっていう姿もやっぱり清々しくていいね。

二次元管理人ムトウさんのビールに対する言わば偏見や探究心が現状の日本のビール業界にも触れつつエピソードされていきました。

三次元管理人もやしもんの巧い所はこの兼ね合いだよね。どの編にも言えることではあるんだけれど、「認める」という手法で現状や知識を優しく包んでいるというか。この辺りの話は平常レビューでの繰り返しにはなるけど。

二次元管理人そうですね、多少下世話な表現になるかも知れませんが、作者が読者に対する予防線を抜かりなく張り巡らしているとも言えるのではと私なんかは感じてますね。

三次元管理人まぁ……ねぇ~。この手の話は知識を汚い表現をすればひけらかすのを先行させても物議を醸すだろうし(菌だけに…今のなしで)、その辺りかなり配慮して構成立てられているのは確かだろうね。知識ゼロの人が読んでも面白いかつ興味をもてる、このバランスは簡単なようで難しいよ。

二次元管理人地ビールのあれこれで展開した話は大学のお祭りイベントへと繋がる形で波状していき大学生活的醍醐味を表現しましたが、この辺りはいかがでしょうか?

三次元管理人読者としては学校生活を懐かしむ者もいれば、リアル学生であれば羨望の眼差しをするかも知れない。このもやしもんの中にあるこの辺りの描写感は未来への無限への可能性だと思ってる。

二次元管理人話をそんなに広げていいんですか(笑)

三次元管理人誇張をすると、だよ。学生なら進路が決まりかねている人も多いだろうし、就職ともなればそれこそ実感なんてギリギリになるまでないもんだよ。ある種、大学生活の華やかさを巧みに描写するってことは可能性に限界はないってことを教えているようなものだと思うんだよね。

二次元管理人大人が読むとどうでしょうか?

三次元管理人これも同様。現状に満足している人もしていない人ももやしもんの青春描写を垣間見るとなんか胸の奥でざわっとする感覚を覚えるんじゃないかな。うんちく漫画で留まってしまっていてはこの感じは表現できないし、そこにもやしもんの魅力があると思う。想像以上に何か心の起爆剤的な影響力を有している漫画だなと思うよ。

二次元管理人さて、では直保の出番周りの言及をいただければ。ちょっと可哀想じゃありませんでした?

三次元管理人まぁ振り返ると最後のお祭りでムトウがインフルエンザ?だとわかった下りのムトウとの会話くらいしか印象はないよね。菌達も活躍はさほどしていないし、ともすると普通の農大学園物語か。

二次元管理人平常レビューでは恋愛面がどうだと言っていた遠藤さんと記憶していますが、その辺りは望めないんじゃないかと!そう思ったわけですが。

三次元管理人それはねぇ……、近々9月辺りに同作者の純潔のマリアも発売になるでしょう?まぁなんと言うか今作者には恋愛要素は求めるだけ無駄だなというのはようやく8巻目にして感じたよ。蛍可愛いよ蛍と叫んだ所で何も変わりはしないんだね。

二次元管理人これ、そういう漫画じゃねぇから!ってなもんですね(笑)

三次元管理人まぁそんなことを言いつつ今巻の内容にはあまり触れてないってことなんですが、とにかくビールを題材にうんちく面も軽い切り口が見事にはまっていたと思うし、ストーリーとしてはムトウの奮闘から最後のお祭りの大団円はもやしもんらしからぬ正統派ストーリー漫画の良さを垣間見ることができました。

二次元管理人この機会に地ビールに注目してみるのも良いかも知れませんよね。丁度季節的には発刊が夏ということでこの辺りのタイミングもお見事だと感じました。私達の地元の地方となると岩手・秋田・宮城と今回数多くのビール蔵が登場していました。

三次元管理人もやしもんの醍醐味は色々あるけれど、やはり読者に興味をもたせるのが巧いという点は大きいね。日本酒の時も今回のビールもワインもそうだけど、普段は酒類を飲まないというような人も漫画の切り口からのめり込んでいくことが出来るってのは凄い素敵だなぁと思う。

二次元管理人ですね!にわかファンでというような側面もあるのかも知れませんが、もやしもんからは自発的に興味をもたせる引力が備わっているように思います。これこそもやしもんのセンスなのかなぁと思います。

三次元管理人ついでですが、未成年の飲酒は当たり前ながらご法度ですのでご注意を。最近はネットの世界でもよくこの辺りの問題をみかけるのが残念です。

二次元管理人さて遠藤さんが急に真面目路線で語っちゃっていますが、大学時代に酒の飲みすぎで健康診断を正常に通ったことがないなんて過去話もありますよね。お医者さんに叱られたとか恥ずかしいですよ。

三次元管理人そういう茶番いらないですから!

二次元管理人(レビュー時点での話で)皆さんも夏のこの季節はビールの季節!ということでこの機会に地ビールの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?恐らく次巻の発売は来年の春先前後になるかなと思います、まったり待ちましょう。




* 「新刊レビュー」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/08/13
Trackback:1
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

* もやしもんDS

もやしもんDSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「もやしもんDS」へ!
2009/08/14 【もやしもんDS

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。